噛み合わせが悪いのは頭蓋骨の歪みも影響している?

先日、ご新規の方からお問い合わせをいただきました。
その内容というと、他のサロンで小顔矯正を受けて確かに顔は小さくなったけど顔がたるんでしまった気がする・・・とのことでした。

世の中には様々な技法があり、それを操るそれぞれの施術者がいます。
どの施術法を選ぶか、誰に施術してもらうか、で結果は大きく変わってくるものです。

カウンセリングを進めていく中で、ビフォーアフターのお写真を見せてくださいました。
実際に、お顔全体が小さくなっており、顔の幅も狭くなりエラのハリも減っていました。

しかし、お客様が仰るように顔色が悪く皮膚全体が落ちているように感じ、以前の方がハリがあって若々しい印象を持ちました。

施術方法をお客様にお聞きしたところ、顔面の骨と筋肉、そして皮膚にアプローチしたとのこと。
頭蓋骨の骨は触っていないと・・・。

私の行っている施術がすべて正しいかと言われればそうではありませんし、お客様が行かれたサロンが間違っていたということでもありません。
なぜお客様のお顔が下がってしまったのか・・・。

私の見解です。
人間は立体であり、平面ではありません。
正面から見える顔面だけの矯正では顔面の小さな骨は動いても頭部全体の骨格は元に戻りません。
人間の皮膚は途切れることなく全身を覆いますから、皮膚の行き場をなくしたのではないか・・・。
そして、頭部部分リンパの流れが滞っているのではないか・・・。

そして、顔幅は狭くなってはいるのですが、上下の歪み(顔で言うと、特に頬骨・下顎骨の位置)はとても強くあり、
もちろん頭部(後頭部の絶壁など)の歪みがある状態でした。

エクラリーは小顔矯正ではありませんので、小顔になりたい!という方に適している技法がどうか定かではありません。
今回のお客様が行かれたサロンは小顔矯正であり、私が見ても実際に小顔になっていましたので、結果として悪くはありません。

翌日お客様からお電話を頂戴しました。
「噛み合わせが悪く左でしか噛めなかったのが、右側で噛めるようになりました!」
「ろれつが回りにくく感じていたのですが、改善しているような気がします!」

とても嬉しいご報告でした。
元々お美しい方でしたが、頭蓋骨矯正を受けてくださったことで、下顎の位置が元に戻り頬骨も正しい位置へおさまりました。
結果、滑らかな輪郭へと変化しリフトアップもされて、さらに若々しく美しさが増しておりました。

サロンを選ぶ際に何が重要か??
それは、

受ける側の目的は何か・・・
施術側の目的は何か・・・

これが明確であり合致しなければいけません。

当サロンの目的は頭蓋骨を正しい位置へ戻し身体の機能を取り戻すこと。
頭蓋骨を正しい位置へ動かすことで顔面を左右対称に近づけること。

頭の形が整っている方は、お顔の歪みもなく若々しく美しいものです。
頭を触った時や鏡でお顔を見た時に、何かしらの歪みを感じるようであれば、整えることで数年前の姿に取り戻すことが可能と言えます。

現在の高野式頭蓋骨矯正はと言うと、数ヶ月前の施術よりもまた遥かに技術が高く、精密で繊細な技法へと進化しています。
以前、受けてくださった方も是非もう一度高野式をお試しいただき、小さく整った滑らかな輪郭と身体の機能を取り戻して欲しいと思っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP