歯列矯正後に顔が痩けて長くなってしまった

歯列矯正をされているお客様から、『歯列矯正後に顔が長くなり老けてしまった』『歯列矯正前の方が可愛かった』と言われてしまった。
『ご本人には言えないけど、矯正後に顔が長くなってしまった方がいるの』とご友人から伺うことも多いです。

これはよくあるお話ですね。

歯列矯正は抜歯する場合としない場合の矯正がありますが、顔が痩けて長くなる方の特徴として元々は出っ歯で奥歯を抜歯した方に多く見られるように思います。
もちろん出っ歯の方が抜歯後に矯正をしてコンプレックがなくなり綺麗になった方も多くいらっしゃるかとは思いますが、これも技術ですので専門医の腕によりますね。

せっかくお金も時間も掛けて矯正したのに、『前の方が良かった』なんて言われたら本当にショックです。

 

なぜ歯が綺麗に並んだのに顔全体が老けた印象になるのか・・・
それは、抜歯後に歯列矯正をして口元が小さくなったけれど下顎や上顎などの顔面と頭部の骨が追いついていない為です。

年齢を重ねると顔が長くなる方が多いのですが、これも老化(骨格の歪み)が原因で、骨格が歪めば筋肉と皮膚も同時に垂れてたるみが生じます。

 

歯が綺麗に並んだ後は、頭蓋骨矯正をすることで歯並びも安定し頭とお顔全体が小さく整ます。

頭蓋骨矯正だけでは整いきれない歯並びを矯正している方がさらに美しくなる方法・・・それは頭蓋骨矯正です。

 

関連記事

アーカイブ

PAGE TOP