顎切りする前に

最近、20代30代の方を中心に韓国で骨切り整形をされる方が増えていらっしゃいますね。
韓国は美容大国として知られていますし、国策として美容整形を進めています。

エクラリーのお客様の中でも多くの方が韓国で骨切りをされています。
術後を必ず確認させていただいているのですが、美しい仕上がりでお客様も大満足です。

さて、なぜ骨切りを希望の方がエクラリーの頭蓋骨矯正を受けにいらしてくださるのか・・・。

それは、骨切りをする前に頭蓋骨を最大限に整えてから渡航したいという想いで検索してくださったからです。
素晴らしい情報収集力ですよね。
また身体の根本を分かっていらっしゃる方々だと感心しました。

骨切りはエラ削り・Vライン形成・頬骨削り・輪郭3点といったバランスを重視したセットの骨切りがあるようですが、
コンプレックスである削りたいと骨の土台は一体どこでしょうか?

それは頭です。

頭を触った時に、
頭はデコボコしていませんか?
ハチは張っていませんか?
絶壁ではありませんか?
耳の高さは揃っていますか?
頬骨の高さは揃っていますか?

これら全て顔面の歪みに影響しています!

ブランコを想像してみてください。
両サイドの鉄棒が側頭骨、上部の鉄棒が頭頂骨、座面が下顎とします。

ハチが張っていてどちらか一方が高い場合、それだけで下顎(ブランコの座面)は傾いています。

名医と言われている方は、お顔全体のバランスを見て手術をしてくださるかと思います。
ですが、歪みは治せません。

ブランコが傾いたまま、顔が歪んだまま骨切りするのです。

たくさんの費用を掛けて、勇気を出して手術されるのですから、
歪みを整えてから骨切りしてほしいのです。

そして、骨切りされたい方は骨を小さくしたいという気持ちと同時に、お顔の歪みも気にされているのではないでしょうか。

お顔の歪みは東京 頭蓋骨矯正 歯列矯正 エクラリーまでお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. おでこが丸くなって整形いらず
  2. 丸い『おでこ』は美人の証
  3. 丸い『おでこ』は美人の証
  4. メンテナンスが大事
  5. 歯列矯正と頭蓋骨矯正の関係性

アーカイブ

PAGE TOP