膝の裏が伸びないのは膝頭の歪みが影響している?

50代のお客様からお便りを頂戴致しました。

私は4年前に初めて頭蓋骨と骨盤の矯正をしていただき、その後何度かのメンテナンスを経て、それまでの不調が改善され快適なカラダで充実した生活を送っておりました。

それがこの冬、寒い朝の身支度中の事です。
靴下を履こうと右脚を持ち上げたところバチッと衝撃が走り、膝から崩れ落ちました。
「これが世に云うギックリ腰か⁉️魔女の一撃とはよく言ったもんだ」と頭は冷静に働くものの、身体は痛みから身動きひとつ出来ず…。
調べても「ギックリ腰の急性期は安静にするしかない」としか出て来ない。

痛みに耐えながらスケジュールの調整のため携帯を触っていた時に目に飛び込んで来たのが高野先生のお名前。
藁にもすがる思いでご連絡すると、「1回で改善させましょう!」と力強いお返事。
施術そのものは、私が渋滞にはまり遅刻したため2回に分けて、という形になりましたが、現在はかねてからの反り腰の癖すら改善し、ギックリ腰前より快適なカラダになっています。

痛みを感じていたのは明らかに腰椎。
でも高野先生が繊細な指先で触れている場所は仙骨❗️
調べた本には『仙骨』の文字は全く見当たらなかのに。
高野先生が日頃からおっしゃる、『仙骨が要。仙骨が身体の土台』を痛感した次第です。

それから更に嬉しい事が。
現在痛み等の違和感はないものの、以前MRIを撮った際に整形外科医から「膝関節症が始まってますね、筋力を落とさず体重を3キロ落とす努力をしてください」と
言われた旨を施術中にお伝えすると「診てみましょうか?」と先生。

両脚を投げ出し、雑談をしながら先生の施術を受けていると、なんという事でしょうか、みるみる膝頭が小さくなって行くではありませんか。
長座しても膝裏が床に着かなないのが当たり前だったのに、膝裏と床の間に隙間がない‼︎
脚が長くなったと思うほどに変化がありました。

アラ還の私にしたら、膝関節症は改善はせずとも進行は食い止めたい という程度でしたが、先生はその思いの先まで見て施術くださいました。

高野先生は魔法使い⁉️
か魔女⁉️と毎回思うのですが、
誰だろうが、どんな症状だろうが、身体にどんな癖があろうが、丸ごと受け止めてくださり、もちろん言葉にする事はないけど「もっと楽に暮らしても良いよ~」と 
日々残念な努力をしてガチガチに凝り固まった身体や思考を緩めてくださる存在ではないかという考えに落ち着きました(笑)。

高野先生は私にとって癒しの存在です。

先生、ありがとうございました。

Fさんとの出会いは私が第二子出産後、復帰した直後からご来店いただいているお客様です。

私は魔法使いでも魔女でもなく、笑
物理的に触れることができる骨はすべて正しい位置に動かしていくだけのことなのですが、
その結果として、美しい骨格を取り戻したり痛みが改善したり、と美しさと同時に身体の機能を取り戻すことができます。

私はドクターではありませんのでレントゲンで確認することはできませんし、見ても分かりません。
ですが、痛みがある付近や関連している骨を触るときちんと歪んでいます。
ただその歪みを元に戻しただけです。

これは頭蓋骨でも骨盤でも膝でも同じことが言えますが、歪みがなければ(私が見つけることができなければ)それ以上に骨格を元に戻すことはできません。
ですが、お客様が「ここの頭蓋骨をこうしたい!」「顔の形をこうしたい!」「大転子をこうしたい!」「O脚やX脚を真っすぐにしたい!」というご希望があれば、
数ミリでもズレている箇所を探して理想の骨格に近づけていきます。

エクラリーの技術はお客様の様々なご要望から造ることができた技術です。
お客様にご来店いただき施術させていただいている間は、技術が衰えることはありません。

お客様のご要望をお伺いし、嬉しいごご報告をいただく度に技術が向上しているように感じます。

エクラリーに通ってくださっている皆様、いつもご来店いただき本当にありがとうございます。

関連記事

アーカイブ

PAGE TOP