絶壁とハチ張りは改善できます!

こちらのお客様は絶壁とハチ張りのお悩みがあり、お越しくださいました。
右側の彼女の方が断然美しいですよね。
目の高さ、鼻筋、顎の長さ、フェイスライン、どれを見ても右側の方が整っていることがお分かりになるかと思います。
初回の結果ですので、まだまだ歪みはありますが、
今後もさらに美しくなっていきます。

さて、一番多くお問い合わせいただくお悩みは何だと思いますか?
それは「絶壁とハチ張り」です。

唯一、整形できない部位ではないでしょうか・・・。

おでこにヒアルロン酸注射や脂肪注入をされる方もたくさんいらっしゃいますが、多くの方が絶壁とハチ張りです。

なぜおでこが平らになるのか・・・
それは後頭部の絶壁が影響し、ハチが広がることでおでこが引っ張られるためです。
前頭骨は蝶形骨を挟み側頭骨が連動して動きます。

ではどのような施術をしなければならないのか・・・
それはハチを元の位置に移動させること。
これだけです。

私も3か月ほど頭蓋骨矯正をしないと、(自分でできるのですから毎日やるべきですね。)
左側だけ歯列の隙間が狭くなり、歯間フロスが切れることがあります。
しかし、頭蓋骨矯正をすると隙間が左右対称になっていることが分かるのです。

それでも、自分の頭蓋骨ですからお客様のように完璧に近づけることは難しく、現在も歪みはあります。

身体の歪みは生活習慣によるものが多く、同じ状態を一生保持することはできません。
ですが、骨格が安定するまで定期的に受けてくださっている方は、歯の治療や過度な食い縛りがない限り、
元の歪んだ状態に戻ることはありません。

極端に言えば、初回1回だけでも元に戻ることはありません。
数十年かけて少しずつ歪んだ骨格を1時間ほどで矯正しますが、全く同じような幼少期からの成長や生活を今から送ることは不可能だからです。

骨格は正しい位置で安定します。
矯正後、いつも元の状態に戻る場合・・・
それは、骨格矯正ではなくリンパマッサージ等の一時的効果であり、本来あるべき位置に戻す正しい矯正ではないとご理解いただくとよいかと思います。

絶壁やハチ張りでお悩みの方は、是非エクラリーの正しい矯正で、納得のいく骨格を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 丸い『おでこ』は美人の証
  2. 絶壁とハチの張り
  3. 歯列矯正に頭蓋骨矯正は必須です!
  4. 絶壁とハチの張り
  5. エクラリー Eclary ロゴ
  6. おでこが丸くなって整形いらず

アーカイブ

PAGE TOP