大後頭骨神経痛は頭蓋骨の歪みが原因だった?

40歳代のお客様の声

 

【40代 M様】からの口コミ

M様からお便りを頂戴いたしました。

その日感じた違和感はとても小さなものでした。
右奥歯付近(右耳の後側)が痛いのです。
私は昔から歯軋りの癖があり、就寝時はナイトガードをしています。最初はその歯軋りが強くなっているのかも?と思い、放置。
それまでもその違和感は感じたことがあり、数日で治まっていたので特に気にも留めていませんでした。
しかし、日を追う毎にその痛みは強くなり何をするにも痛くて普段の生活にも支障が出るように。
痛みの種類としては、冷たい物を食べた時に感じるあのキーンとした痛みをもっと強くした感じです。
時には寝ていてもその痛みで起きてしまう事もありました。

いよいよ我慢の限界が来て、病院へ行きMRIも撮って頂きましたが『特に異常なし』。
そこで医師は一つの病名を示して下さったのですがそれが『大後頭神経痛』です。
原因は、姿勢の悪さやストレスとのこと。
命に関わる病気ではないものの、日常生活もままならないので数種類のお薬を処方して頂きました(筋肉の張りをとる薬や神経痛の薬です)
それらのお薬を2週間飲み続けた結果、痛みは取れず…
再度病院へ行こうかと思っていた矢先にこちらの施術を受ける機会に恵まれました。

1回目の施術後2〜3日はまだなんとなく痛みは残っておりましたがその後徐々に痛みは減少しそれまでは『24時間痛かった』のですが、それが『気付けば痛くない?かも?』になり、
その後『あら、今日も痛くない!』になりました。
約2週間後に2回目の施術を受けたのですがその時はもうすっかり私の頭痛は消えていました。
もちろん今もあの痛みはありません。
今後また何か違和感を感じたらすぐにこちらのお世話になりたいと思っております。
効果的面とは正にこの事。ありがとうございました。

M様の頭蓋骨を触診すると、右側の側頭部分だけ出っ張り強いことがすぐに確認がとれました。

痛みの原因すべてが頭蓋骨の歪みとは限りません。
ですが、M様の場合MRIを撮っても原因がなく、医師の診断が「特に異常なし」だったため、頭蓋骨矯正で改善されるという確信がもてました。

施術自体は2歳や3歳のお子様でも施術可能なくらい全く痛くはありませんが、左右で比較すると神経を圧迫しているだろうとされる頭蓋骨の歪みに触れると
明らかに感じ方が異なります。
触られた感覚がご本人も必ず認識できる違和感があるのです。

施術を始めて早い方だど、数分で触られている違和感は消えるため1度だけの施術でも変化に気づくことができます。
そして、次回の施術までに(1週間が効果的)何割くらい症状が改善されているのかご確認いただきながら、2回目の施術を行います。
この時点で大抵の方は7・8割症状は改善されています。

今回のM様は2回の施術で終了です。
2回目終了後、数週間してから今回のメールを頂戴しましたが、症状が出ていないということでとても安心いたしました。

頭蓋骨矯正ってなに?
と不思議に思われている方が多いのですが、数ヶ月または数年改善しない症状は頭蓋骨の歪みが原因かもしれません。
病院では診断されない違和感や痛み、これが不定愁訴です。

不定愁訴は高野式整体で改善が期待できます。

関連記事

  1. 歯列矯正と頭蓋骨矯正の関係性
  2. 頭蓋骨は年齢と共に形が変化します
  3. 丸い『おでこ』は美人の証
  4. メンテナンスが大事

アーカイブ

PAGE TOP